タイヤ保管の専門サービス

タイヤ保管は専門倉庫にまかせる時代です!

タイヤ保管・預りプラス+は、ただのタイヤ保管ではありません。

保管の他に「ホイールバランス」「残溝チェック」「キズ・亀裂のチェック」を合わせて行うタイヤ保管のサービスです。

タイヤ交換した後のタイヤはどうすればいいの?という声から生まれた専門サービスです。


近所のタイヤ預りプラス取扱店を探す


タイヤ保管に3つのプラス

専用の機械で残ミゾを計測

次回シーズンを安心してお乗りいただけるようタイヤのミゾをチェックします。

走行していると傷や凹み等でホイールバランスが崩れることが多々あります。保管時に調整するので、安心して走行可能になります。

多くのタイヤを見ている専門のスタッフがキズ・亀裂をチェックいたします。普段装着していて、気づかない損傷をプロがしっかり見つけます。


タイヤ交換したのはいいけど、その後は?

重たくて運べない・・・

きたなくてあちこち汚れてしまう

 

→タイヤを運んだことがある人は少ないと重いますが、どれくらいでしょうか?

 17インチの標準タイヤで約10kg、さらにホイールと組み合わせると約19kg

 タイヤ交換された方の多くはタイヤとホイールがセットになっての交換です。

そのため、4本の総重量は約76kgです。大柄の男性一人分です。

なれない人が運ぶと腰を痛めてしまいます。

 

○ただ放置しておけばよいの?

 

→タイヤの素材は主にゴムで構成されています。

 他のゴム製品といえば、輪ゴムがありますが、輪ゴムが長期間放置されてガビガビで硬くなってしまったり、机にへばりついているのを発見することはありませんか?

タイヤもただ放置しているだけだと、直射日光で劣化したり、高温多湿の環境でカビが生えたり、床の材質によっては溶けてしまったりします。


○盗難も心配

 

→タイヤの盗難事件を聞いたことがあると思います。

タイヤとホイールのセットだとかなりの金額になります。

高額なアルミホイールだと1セット(4本)で100万円を超えることもあります。

家に置くスペースがあるから次のシーズンまで保管、さぁ交換しようと、タイヤを取りに行ったら無くなってる!?

 

○そもそも保管場所が無い・・・

→特に都市部ではマンション住まいの方も多いでしょうし、タイヤのサイズにもよりますが、一般的なサイズだと

プロが管理する専用倉庫で

お客様から預かった大切なタイヤは埼玉県羽生市にあるタイヤ専門の倉庫で保管されます。

他の商品を扱っていないため、タイヤに最適な環境を整備しています。

タイヤ保管方法

タイヤにとって最適な環境を確保し、余裕を持ったスペースで保管しております。

タイヤ管理バーコード

バーコード管理で紛失・配送ミスを防ぐ

残ミゾを計測し、適正な交換時期をアドバイスをいたします。



東京都内のタイヤ預りプラス取扱店

埼玉県内のタイヤ預りプラス取扱店

千葉県内のタイヤ預りプラス取扱店

神奈川県内のタイヤ預りプラス取扱店